時計屋ネット|時計ベルト専門店

【JCペラン】お客様のカイマンのオーダーベルト


みなさまこんばんは~(*´ω`*)ノ

いつも出勤前にベランダに洗濯物を干しに行くんですが、

今日は朝から太陽がピカーン

スタッフ2号視力が悪いせいか、光に弱くて目を開けていられなかったです(汗)

今日は洗濯日和だったでしょうね、休日の人が羨ましかったです。

さて、今日はお客様のオーダーベルトのご紹介です。

JCペランのカイマンです(*´ω`*)

カイマン PC4(バーガンディ)

カラー PC4(バーガンディ)
ステッチカラー 124(タバコブラウン)
シングルステッチ 手縫い
厚み R 約4.0mm スクエアートップ
エンドピース クリップオン
バネ棒 標準

カイマン PC4(バーガンディ)

裏材 ラバー

カイマン PC4(バーガンディ)

カイマン PC4(バーガンディ)

こちらのエンドピースはクリップオンの仕様になっています。

時計のベルトの付け根の部分に通常はバネ棒が付いていますが、

アンティークウォッチなどでは、棒を外すことができない仕様になっていたりして、

ベルトがダメになってしまった場合は、ベルトを根元から切ったりして、

再度使用できない状態にしないと、ベルトが取り外せないんですよね。

そういった時計をお使いの方で、引き通しタイプや、NATOベルトがお好みでない方は、

こちらのクリップオンのタイプで新たにまた取り外せない状態のベルトをセットする必要があります。

金属のパーツの部分を棒のところで折り返したら、両面テープをはがして外れないようにして、

最後にベルトの裏についている両面テープをはずして、

金具が見えないように、革を折り返してしっかりとくっつけて完了です。

最近では既製品でFIFのクリップタイプのベルトも増えたので、

引っかけて、引っ張って取り付け完了っていうのもありますが、

今回ご紹介しているような、ワニ革では作られておりませんし、カジュアルなのでイメージが違う為、

ワニ革でお使い頂きたい方には、オーダーをしていただくか、

モレラートの既製品のアペルトシリーズを使用して頂くのをオススメ致します。

でも既製品だと種類がこれまた少ないんですよね・・・

オーダーベルトのクリップオンのタイプですと、他の素材でも製作可能なので、

次取り外すときはきっとベルトがダメになって壊れてしまう時だと割り切ってしまって、

1本素敵なお気に入りのものを製作するのをオススメですよ(*´ω`*)

アンティークウォッチ用のベルトをお探しの方、是非ご参考にしてみてくださいね♪

カイマン オーダーベルトはコチラからどうぞ♪

納期は【3ヶ月】です。
【JCペラン】カイマン オーダーベルト 時計ベルト 時計バンド


アーカイブ

SNS

時計屋ネット

リンク

ブランド別記事

▲ このページのトップへ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss