【オフィシャルタイム】エンドリンク

end-link

【オフィシャルタイム】ロレックス専用フィット管 (end-link)

販売価格(税別)
¥15,000
在庫状態 : 在庫有り

ロレックスの金属ブレスを革ベルトに交換する際に、スキマを埋めるパーツとなります。

対応品
SE:サブマリーナ 16610,16610LLV GMTマスター 16700,1675 GMTマスター2 16710,16760 エクスプローラー2 16570
DS:デイトジャスト 116234 シードウェラー 16600 サブマリーナ 116610,114060 GMTマスター2 116710 ヨットマスター 116622
DT:デイトナ 16520,116520 エクスプローラー1 214270
EX2:エクスプローラー2 216570
DJ2:デイトジャスト2 116300,116334

スキマ
ロレックスは確かにいい時計なんですが、その誰でも知ってるメジャーブランド
ならではのお悩みで

誰でも知ってるけど、持っている人が結構かぶる。。。

あるある話ですよね。

そこでオススメなのが、金属ブレスから革ベルトへ交換です!

特にスポーツモデルは元々、革ベルトの設定が無いので、純正品には
無い組み合わせもあって、印象が変わります!
めっちゃ変わります!

革ベルトを変えるだけでこんなにも変わるのか!と感じてもらえます。
元々のロレックスのイメージが金属ブレスの印象が強いだけに、なおさらです。

革ベルトに交換すると、コダワリあるロレックスユーザーさんが
直面する問題がこの「スキマ」です。

どのような時計でも丸型ケースに市販品の革ベルトを付けると
どうしてもこのスキマは発生いたします。

薄型時計なら気にならないのですが、厚みのある時計ですと
どうしても革ベルトとのボリューム感の違いから、目立ちます。

そこでこのスキマを埋めるパーツが海外製品でありました。

オフィシャルタイムさんの商品で、日本では決まった輸入元が
無いので、直接交渉を致しまして時計屋ネットでの販売が
可能になりました!

隙間なし

こちらがその、スキマのパーツを埋める部品(エンドリンクと言うそうです)です。

スキマが無くピッタリとまるで純正品に革ベルトのモデルが合ったかのように
なっています。

エンドリンク
素材は「SUS904L」

昨今のロレックスで使われているステンレス素材です。
316Lよりもさらに硬く傷が付きにくいのが特徴です。

ただこのオフィシャルタイムのエンドリンクですが、全てのロレックスに
装着できるわけではございません。

ロレックスはモデル、年式によっても微妙にケース厚や時計ケースから
バネ棒穴までの距離が異なるため、対応型番に無いモデルは残念ながら
装着できません。

ちなみに対応型番に無いエクスプローラー1(14270)を付けて見た写真です。
EX1 隙間あり

これはエンドリンクを付けていない状態でもちろんスキマがありますが、
付けてみると

少しのスキマ

あれ、付いてるじゃん!

いえいえ、これはピッタリでは無いんです。
よ~く見てください!
少しですが、時計ケースとの間にスキマがあります。

少しのスキマ

横から見るともっとよくわかります。

高さが合っていない

高さが合っていない

この高さも合わせた物が対応型番に載せているモデルです。
ちなみにこのエクスプローラー1に付けたものは「SEシリーズ」と
なり、サブマリーナ、GMTマスター、エクスプローラー2の対応品
となります。

エクスプローラー1は意外にベルト取付け部のケースが厚いんですね。

当店の入荷したエンドリンクは金色コンビのものも合わせて
6種類です。

対応モデルがあれば、ピッタリ!

人とは違うロレックスにしたい方!にオススメです。
革ベルトの衣替えでお楽しみください。


 デイトジャスト2の装着例
エンドリンク DJ2エンドリンク DJ2エンドリンク DJ2
対応モデル
在庫有り
数量
end-link end-link end-link end-link end-link end-link