バネ棒

バネ棒一覧

ワンタッチバネ棒(2本入)

easy-spring-bar
easy-spring-bar

■品名:ワンタッチバネ棒

■直径:1.5mm

■本数:1セット2本

■対応幅:12~24mm(23mmは除く)

在庫状態 : 在庫あり

販売価格  ¥1,100(税込)

一緒にお買い上げ頂いた革ベルトに  

数量  

SOLD OUT

ワンタッチバネ棒

加工前
加工前
加工後
加工後

 工具なしでかんたんに取り替え 

専用工具で穴を空けるために、カット部分がとてもきれいです。

上の写真は私の私物でコードバンのベルトですが、加工後の写真をクリックしてみて下さい。

裁断面がよくわかります!

バネ棒のサイズも12mmから20mmまで1mm刻みで取りそろえております。サイズによっては本数が限られていますので、ご注意下さい。

この加工を施すと、工具をつかわなくてもかんたんに取り替えが出来ますので、朝のお出かけ前など、服を着てから時計を合わした時にちょっとおかしいなぁ~と感じる時も数秒で取り替えが出来ます。

たとえ、1本の時計でも革を取り替えることによって、印象が変わりますし、ベルトの耐久性も全然違ってきますよ~

価格は1セット(2本入)で1,000円(税別)です。

またベルト加工はご注文の際にお申し付け下さいませ。
装着して発送させて頂きます。

 商品によってはお断りさせて頂く場合 

 ※エイ革などの硬い加工困難な素材。

 ※ラバー素材

 ※当店外でお買い上げ頂きました商品

 ※最初からワンタッチ式の商品、またそのような設定がある商品

 ご注文の前に 

バネ棒のサイズ

左の写真をご覧ください。

例えば「20mm」のワンタッチバネ棒のサイズは青で書かれたサイズが「19.7mm」となり、赤色で書かれたサイズが「22mm」となります。

どうしてこの事をお伝えしなければいけないか?

時計によってはベルト幅20mmと書かれていても21mmに近い20mmもありますし、19mmに近い20mmも実際はあるのです。

これによって、バネ棒のサイズを変えて頂かなくてはいけない場合が出てきます。

例えば、ケース幅が「19.6mm」だった場合は「19mm」のバネ棒をお選び下さい。

また、ケース幅が「19.8mm」の場合は「20mm」のバネ棒をお選び下さい。

まとめますと、19.7~20.6mmは「20mm」のバネ棒で対応します。

現状、お客様よりご報告を頂いている時計は、ノモスのオリオンは時計側のサイズは18mmとなっておりますが、このワンタッチバネ棒を取付けて頂く際には「19mm」のバネ棒をお選び下さいませ。

 専用工具のご紹介 

ベルジョン 工具 30227

コチラの商品はスイス ベルジョン製の「ワンタッチバネ棒」の切れ込み加工をするための工具「30227」です。

専用工具ですので、構造は切符切りのようなものですが、40,000円ほどとかなり高価です。

もっとお手軽な価格設定でしたら、お客様にもオススメ出来るのですが、この価格でしたら必要ないですよね。

もっとお手軽に出来ないか?

考えつくのは、ポンチで穴をあける事くらいですが、ベルトの裏側部分の限られた
箇所に穴をあけないといけません。

器用な方でしたらやってしまえるのでしょうが、リスクを考えるとやはりオススメできません。

「専用工具の強み」ですね。。。

 職場体験でお越し頂いた学校の先生から 

先生

道具をうまく使いこなせない私にとっては、とてもとても魅力的でした!爪が割れる心配もなく、ワンタッチで取り外しが出来るなんて、便利すぎます!これからベルトが付け替え放題です。

先生
道具も使わず簡単に取り外しが出来て驚きでした。
道具が無いから取り外しが出来ない、ということが全くありません。場所やその時の気持ちで、自分好みの時計時計に変えれるなと思いました。気軽に時計をアレンジしていきたいです!
  1. この記事へのコメントはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss