Dバックル・美錠・金属ベルト(ブログ)

バネ棒の種類は太さ・長さだけでは無いんです

こんにちは、時計屋ネットのひろやんです。

時計とベルトをつなぐ大事な部品の「バネ棒」

当店で取り扱いのバネ棒も長さ、太さも増えてきましたが種類はそれだけでは無いんです!

最近では ワンタッチバネ棒 と呼ばれている、専用工具を使わずに
かんたんに取り外しが出来るものもありますが、今回はそれは置いておいて。。。

長さ・太さ以外に 形状 がございます。

まずは一般的なバネ棒はこちら

先端に注視してください。

時計ケースの穴に入る箇所があり、そこから段差があって、つばのようなものがあります。
このつばと段差の箇所があることで、ベルトを取り外し時に、バネ棒外しを引っ掛けるスペースが出来ます。

お次はそのつばが無いタイプです。

こちらも先端に注目です。

時計ケースの穴に入る箇所が長く、つばが無いです。

これはロレックスの旧型のサブマリーナにあるような、時計ケースに横穴があり
その穴に棒を突っ込めば、ベルトを取り外せるタイプのバネ棒となります。

しっかりと棒が入り込んでベルトを固定します。

脱着作業がかんたんな反面、時計ケースに穴が空くので、見た目の印象からか
最近のロレックスでは見かけなくなりました。

と今まではこの二種類(ワンタッチバネ棒除く)のバネ棒であとは長さや直径の異なるものを
販売しておりましたが、実はもう一種類あるんです。

それがこちら

パッと見た感じ、通常のバネ棒にも見えますが、、、

おわかりになりますか?

先端の突き出し量が極端に 短い です。

こちらは中留(バックル)用のバネ棒で金属ベルトのバックル箇所で
微調整が出来るものに多いのですが、そこに使われるバネ棒です。

なぜに突き出し量が短いか!ですが、中留の穴からバネ棒の先端が飛び出す事を防ぐために

引っかかるけど、飛び出さない長さ

であるために、突き出し箇所が短くなっております。

あまり需要は無いので、サイズは取り揃えておりませんが、たまにご要望があるこのクラスプ用のバネ棒。

店頭在庫が無く、どうしても早急に入用の場合は、通常のバネ棒の先端を削って短くすることもあります。

が、しかしクラスプ用のバネ棒は直径が細いものが多く、通常のバネ棒では入っていなかったり、
逆に細すぎて、バネ棒本体がすり抜けたりなど、通常バネ棒を削って対応出来ない時もあります。

バネ棒もそれぞれの場所に合ったものがあるんですね。

中留用バネ棒 https://tokei-ya.net/archives/14083

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss