時計屋ネット|時計ベルト専門店

【Dバックル考察】パート2


みなさまこんばんは♪(*´ω`*)

今日はスタッフ2号の大好きなカナヘイさんのマステが売ってる情報を聞きつけ

近くのファミマに行ったら売ってませんでしたΩ\ζ°)チーン

どこのファミマでもあるんじゃないのかよぅぅぅ

ウガーーーーーーーってなったのは言うまでもありません(´・ω・`)ショボーン

さて、気を取り直して昨日の続きのDバックルの比較をしていましたが

先に言っておきます、ブログ多分長くなります (ノ´∀`*)

それではいってみよーーーーーーー♪

まず、なんでDバックルの比較を今更しているかと言いますと、

たまにこちらのベルトはDバックルをお使いいただけません、ってやつがあるのですが

こっちのDバックルはいけるけど、こっちはアカンよ~っていうのが

どういう感じならいけるかいけないか、それを調べるてお知らせするための

今回の細かいめんどくさい作業であります(`・ω・´)キリッ

マサッチオ

↑こちらメルマガで今週ご紹介しております、モレラートのマサッチオさん

商品ページにも記載してありますけども、20mm幅の厚みが約6.0/4.0mm(時計側/美錠側)で

ちょいと分厚い問題ありなベルトさんです(´・ω・`)

何が問題ありかっていうと、

マサッチオ

↑こーーーーーんな感じで、先端の厚みがしっかりあるので、ぐいぐいぐいぐいぐいぐいやったところで

どーにもこーにも、使えないDバックルがある、ってこと・・・

で、その中でも何が使えるかダメなのかをひたすら検証です(`・ω・´)

マサッチオ

ベルトの小穴の中心が、商品ページにも記載してある通り、約4.0mm、

この厚みは個体差があったりするので、あえて『約』をいつもつけておりまして、

たまーにこれよりも分厚かったり薄かったりするので、

毎回商品ページを作る際は、全部計測した挙句、平均的な数値を書いてたりします(*´ω`*)

そこ、テキトーにやってないですよ、ちゃんと計測してますからねw

マサッチオ

そして、今回のポイント、両サイドの厚みも計測してみましたが、こちらは約2.4mmです。

マサッチオ

てなわけで、マサッチオさんのスリーサイズはこちらのような感じになります(*´ω`*)

そして、時計屋ネットにある、昨日のブログに載せてたあのDバックルたちを

片っ端から装着できるかをチェーーーーーーーーックであります(`・ω・´)キリッ

ちなみに、Dバックルの幅は18mmです(*´ω`*)

エントリーナンバー1番、バンビの両開きプッシュ式さん

バンビ両開きプッシュ式バンビ両開きプッシュ式

き、キツイ・・・両端のはクリアーしてますがが、センター内径が約3.5mmなのでまったく無理でした。

エントリーナンバー2番 ヒルシュ両開きプッシュ式さん

ヒルシュ両開きプッシュ式ヒルシュ両開きプッシュ式

一応なんとか装着できました・・・・が、きっつきつのパッツパツですw

ヒルシュは他のメーカーのDバックルとはちょっと仕組みが違うので、装着の仕方が異なりまして

商品ページにもある画像で説明すると、

ヒルシュヒルシュ

↑バネ棒を取り外してベルトをセットして、バネ棒をはめることによって固定するタイプ

なので、隙間を通して装着するわけじゃないので、ある意味バネ棒をぐいぐいぐいーーーーーーっと

無理やり押し込んで装着できたらOKって感じなのです、なのでコレ取り付けることができました。

でもきっとベルトのサイズが22mm、24mm幅になると、もう厳しいだろうなぁと思いますね(´・ω・`)

ヒルシュ両開きプッシュ式

ひとまずこのような仕上がりでございます♪

で、かなりスクロールバーが小さくなってきちゃったので、続編その2へ続きまーす♪


アーカイブ

SNS

時計屋ネット

リンク

ブランド別記事

▲ このページのトップへ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss