時計屋ネット|時計ベルト専門店

【スタッフ2号】デニム素材にほつれ止めピケを使ってみました


みなさまこんにちは~(*´ω`*)ノ

気になったらやってみないと気が済まないスタッフ2号、

先日お客様から頂いたレビューを元に、

デニム素材のほつれ具合がどんな感じになるか、ちょこっと実験をしてみようと思い、

以前の職場であるジーンズショップへ顔を出し、裾のハギレちょうだ~い!とお願いして、

早速10cm幅くらいの裾をもらってきたんですが、

最近は綿100%のものが少ないらしく、ストレッチ入りのタイプになっちゃいましたが、

とりあえずこちらの素材を使用して実験です(`・ω・´)キリッ

で、先日もレビューへのお返事で登場させたのが、手芸用品店で売っているほつれ止めのピケ

デニム ほつれ

野中製作所のスクリューポンチを使用して、3種類の穴を2個ずつ開けまして、

デニム ほつれ

片方の穴にはほつれ止めのピケを塗って、片方には塗らない、という感じにしてみました。

上の段がピケを塗った穴、下の段が塗っていない穴です

勢いよくピケが出てしまい、右上の方に垂れてしまったので色が濃くなっていますが気にしないでくださいw

デニム ほつれ

裏から見るとわかりやすいですね、こんな感じでピケが裏側まで染みているのがわかりますよね

で、こちらが乾くまでしばらく鼻歌歌いながら待機です ♪~(´ε`●)

デニム ほつれ

乾いた状態になると、パッと見では全然わからない感じです

塗ってってあったのを知っているので、なんか跡があるな・・・と感じる程度ですねw

デニム ほつれ

ちょっと寄りで見て見るとこんな感じ

ここまで寄れば右側の穴が白っぽくなっているのが分かる感じです

そして、白っぽくなっている方にちょっとハリがある感じ、わかります?

デニム ほつれ

こちらはピケを塗っていない穴の列↑ふにゃ~っとしてるのがわかりますよね

デニム ほつれ

こちらはピケを塗った穴の列↑ピケが染みたところだけハリが出ています

で、この状態になった布を、スタッフ2号は・・・・

激しく100回ほどゴシゴシ揉みました!

デニム ほつれ

ピケを塗ってない穴はモサモサになりました↑

デニム ほつれ

ピケを塗った穴はハリがあるままピシっとしてる↑

といった感じでね、相当ゴシゴシとこすり合わせたり揉んだりしたんですが、

ピケを塗ったところは穴がしっかりとしていました、ピンピンしています。

揉んだせいでほんのり白っぽくなって見えていましたが、

さすがにデニムのベルトを使用する際はゴシゴシしてしまうようなことはないと思います。

ただ、ほつれてきてしまわないかな~と心配になってしまう方はいらっしゃると思いますので、

ほつれてきてしまうかもしれない心配が軽減できるアイテムとして、

ピケのようなほつれ止め液を塗ってからご使用いただくのは良いかな~と思います。

塗ってもデニムになら色が特に目立つとも思わないですし、オススメかと(*´ω`*)

といったわけで、今回のスタッフ2号の実験結果は、

デニム素材にほつれ止めピケを使うのはアリ でした ペコリ(o_ _)o))

是非気になる方、お試しくださ~い(*´ω`*)ノ

そして、岡山デニムのベルトはコチラから~♪


岡山デニムを使用したアレンジ自在の時計バンド☆
対応サイズ:18mm,20mm,22mm
【ミモザ】Emitta(エミッタ)岡山デニム 時計ベルト 時計バンド


岡山デニムを使用したアレンジ自在の時計バンド☆
対応サイズ:18mm,20mm,22mm
【ミモザ】Emitta(エミッタ)岡山デニム クラッシュ加工 時計ベルト 時計バンド


アーカイブ

SNS

時計屋ネット

リンク

ブランド別記事

▲ このページのトップへ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss