IWC(ブログ)

IWCインジュニアの別作ベルト

インヂュニア

こんにちは、店長です。

前回このブログにてご紹介させて頂きましたインヂュニアの別作ベルトですが
違うインデュニアのお問い合わせも頂きました!

前回のラバーベルトがついていたものよりも少し小振りなサイズとなりまして
この金属ベルトを外して革ベルトにしたいご要望となります。

純正品にはこのような仕様がないために、別作となりますが、まずは製作可能か
どうかをベルトを取り外して検証します。

インヂュニア

時計ケース裏側の突起箇所を押さえながら棒をスライドさせる事によって
取り外しが出来ます。これは以前のインヂュニアでも同じ仕様です。

サイズを計測しましたら、微妙に違いました。
今回のサイズはこちらになります。

インヂュニア

凹型のベルトとなりますので、最大幅は6.7+14.8+6.7で28.2mmとなります。

ただこちらの時計はそのサイズで製作するとちょっと不恰好になりそうです。

なぜか?

こちらの時計はベルト表側と裏側の幅が異なります。

横から見るとよくわかります。

インヂュニア

台形のようになっているんですね。

こちらは竹斑のワニ革で製作いたします。
出来上がりは約2ヶ月後となります。

仕上がりが楽しみです。

ところでこのIWCはガラスが無反射コーティングがすばらしいのか、ガラスが無いように
文字盤がクッキリハッキリ見えるんですね!

インヂュニア

良いです、メチャ良いです!

関連記事一覧

  1. yoshiy

    実は私も悩んでいます。IWCのインジュニアのミッドサイズなんです。特殊なソフトベルトです。純正もいいんですが、ソフトかスチールしかありません。
    先にオーダーされたのはいくらで出来たのでしょうか?また、いくらから出来るのでしょうか?

  2. tokeiya

    お問い合わせ頂きましてありがとうございます。

    以前にカミーユフォルネ社で製作いたしました。
    凹形状の形となりますが、その時に製作した商品が以下のページとなります。
    tokei-ya.net/blog/?p=2095

    こちらはパイソンの素材で製作しましたが、特殊形状もそうですが、
    厚み、裏材などのオプション料金が発生いたしまして総額47,775円となります。

    特にベルトメーカーにこだわりが無ければ、凹の形状で製作できる
    メーカーはございますので、ご希望の素材やお色によって見積もりいたします。

    どうぞ宜しくお願い致します。

CAPTCHA


search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss